ロキシーを生んだクイックシルバー

創立は1970年で、オーストラリアのビクトリア州ベル海岸にて、アラン・グリーンとジョン・ロウがサーフィンのためのボードショーツを世にだし、ボードライディングカンパニーとしてスタートさせた。ロゴマークは葛飾北斎の富士山と波をモチーフにしたもの。

また、創立者の一人の娘の名前にちなんだロキシーというブランドもあり、若い女性向けのアパレルを販売している。ロゴマークはハートをモチーフとしており、クイックシルバーのロゴを向かい合わせに並べた形になっている。

クイックシルバーはアジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米、南米などに約150店ほどの店を出しており、別にロキシーの店舗も構えている。日本では旗艦店でクイックシルバーにおいて世界最大級の店舗である原宿(新店舗完成のため渋谷は2008年11月30日をもって閉店)をはじめとした直営店のほか、全国各地のアウトレットモールにも出店している。
クイックシルバーは、残念ながら2015年9月、連邦倒産法第11章に基づく破産申請を行った。

qoa165310_blk_1.jpg

quick02.jpg

image.jpg

サブコンテンツ

Time Passenger

2019年12月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Favorite One

このページの先頭へ